年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

独立志向強いサラリーマン、75%が意向示す

上京十年
【ソウル29日聯合】サラリーマンの4人に3人は、今後独立して自分の事業をやってみたいと考えていることがわかった。リクルート情報会社のジョブコリアなどが20~30代のサラリーマン812人を対象に調査を行ったもので、75.5%が事業を興したいとの考えを示した。

 事業をやりたいと答えた人の割合は、30代が82.2%となり、20代の70.0%より多かった。独立したいと考える理由は、会社生活の寿命が短いためが28.2%で最も多く、自己実現のためが25.7%、老後の準備のためが17.4%、厳しい職場生活に合わないためが13.7%、会社では大金を稼げないためが11.2%などだった。

 どのような事業をやりたいかという問いでは、現在の業務経験を生かしたものが37.3%、インターネットを使った事業が19.9%、フランチャイズ事業が17.8%、資格や専門技能を生かしたものが11.2%となった。
最新老後情報は・・・老後ランキング



 事業を始める時期については、入社10年目前後が最大の45.7%となり、5年目前後が23.5%、早期退職など退職後が15.9%、3年目前後が9.6%などだった。事業を始めるに当たり準備していることは、現在の仕事で経験を積むことが40.2%、創業アイテムの選定と市場調査など情報収集が32.4%、投資者探しなど事業の資本金準備が13.7%、独立するための専門技能や資格の準備が7.5%などとの答えが挙がった。

親日派財産で独立有功者を支援
西大門独立公園、歴史の象徴として生まれ変わる
独立記念行事開催、「民族自尊の精神」振り返る
独立記念館の観覧客数、昨年58万4千人で最低
「3.1節」万歳運動夫婦、独立有功者として初褒賞

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ 【マルチメディア】 DESIGNEXCHANGE DEH-22602


◆老後関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆老後関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年06月17日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。