年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ヘルマンハープで心に勇気を がん克服の大津の女性、施設回る

お金をかけずに自社のホームページをつくりたい。そんな経営者やWEB担当者の悩みを解決!デザイ...
 ドイツで障害者用の弦楽器として開発された「ヘルマンハープ」を県内に普及させるため、大津市在住の女性が、特別支援学校や高齢者福祉施設を回っている。楽譜が読めなくても演奏できるのが特徴で、「まさに音楽のバリアフリーのような楽器」と演奏や奏で方の指導を続けている。
 この女性は清水美智子さん(50)=同市清風町=。一昨年11月、子宮がんを患い、自宅療養中に、見舞いに訪れた友人がこのハープを奏でてくれた。「柔らかい音色に、勇気づけられた。多くの人に広めたい」と病を克服した清水さんは昨年3月から練習を始めた。
 ハープは両手に抱えられる大きさで、弦の下に楽譜を敷くと、弦と音符が重なる仕組みになっている。
最新介護情報は・・・介護ランキング

順番に弦をはじけば、簡単に奏でることができるが、日本ではあまり知られていない。
 昨年12月には研修を受け、日本ヘルマンハープ協会(大阪府高槻市)の認定インストラクターとなった。それ以降、月に1度、市内の北大津養護学校や介護老人保健施設「虹水苑」で、演奏している。
 先日、市内の知的障害者授産施設「瑞穂」であった地域交流イベントに参加し、「ふるさと」など全8曲を演奏した後、大阪府吹田市から手伝いに来た宮尾久子さん(53)とともに利用者や地域住民に弾き方を指導した。初めて楽器に触れた利用者は、予想外に曲が弾けたことに驚きつつも、喜んでいた。
 清水さんは「楽器を弾くことが苦手な人でも大丈夫。柔らかな音色が人の心を和ませてくれる」と話している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


お口のケアで、毎日をもっと快適に!もっと健やかに!『川本産業 マウスピュア 40g』 グリチ...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆介護関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年06月17日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。