年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

社会保険事務所で自分の年金記録を調べてみた(9)国民意識編

上京十年
【PJ 2007年06月17日】- (8)からのつづき。現行の年金制度に家計を支えきる力はありません。家計の芯になることも、家計を自立させることもできないでしょう。貧弱な制度です。まして制度のほころびは目をおおう有様ですから、これに代わる手立てを考えるようになるのはごく自然なことです。老後は誰にも待った無しですから、いつまでも当てにならない福祉制度に頼ってはいられません。

 今回の年金騒動をきっかけに私たちの意識はどう変わっていくのか、焦点を意識の変化に当てましょう。徴収されたお金はいい加減に扱われ、ムダに使われ、ドブにすてられたも同然。これが国民の思いです。問題はそこから先です。
最新老後情報は・・・老後ランキング



 さもなければ国民一人一人が自分自身でその使い道を決めることができたはずのお金です。これが不満の根底にあります。年金は国家が国民から強制的にとりたてる徴収制度です。そのことに国民は疑いを持たず、口をはさむこともありませんでした。つまり基本的に国民はそのお金をどのように使うかを決定する支配権を社会保険庁という行政機関にゆだねてきました。

 銀行預金が知らない間に目減りし、使途不明になったなどという不祥事は組織的には起きていません。民間機関と比較すれば社会保険庁組織の劣化は明らかです。しかしこれはひとり社会保険庁のことでしょうか。疑いの目は、しだいに国家の行政領域全般に向けられはじめています。

 国家でなければ信用できないというイリュージョンは堅固に存在いたします...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


年金でトクする88のアイデア


◆老後関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆老後関連の無料のレポート情報
社会人マネーの常識 №1

サラリーマンの皆様!

あなたの給与はいくらですか?

「実は、あなたの知っている給与よりも本当は17%多く支給されていますよ」と言われたら?


信じられないけど事実です。

そんな給与のカラクリを、現役経理担当者が解明…

住宅ローンを3日で200万円減らした節約術(ダイジェスト版)

住宅ローンサクサク減らすワザ公開!

これから金利がドンドン上がるらしいですし、年金も保険も
値上がりして、すこ~しずつ苦しくなっていくのかなぁなんて
事を良く考えます。

お子さんが大きくなってからではどうにもならなくなるって…



スポンサーサイト

2007年06月28日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。