年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

第7回「誘惑のコスト」を環境問題に応用してみる

■福祉・介護用品・セール■アルミ伸縮式杖花柄赤
(小島寛之の「環境と経済と幸福の関係」第6回より続く)前回は、Gul&Pesendorferの提示した「誘惑を表現する選好とその効用関数」を紹介した。これは、「誘惑する財」が選択肢の中に存在するとき、人は結局それを選択しないにもかかわらず、消費の好ましさが減少してしまう、そういうことを扱った研究であった。その評価の関数U( )の式をもう一度見てみよう。これは選択可能なものを集めたメニュをインプットすると、その内面的な評価値をアウトプットするものであり、以下の式で与えられた。U(メニュ)=(数値P)−(数値Q)
ただし、
 P=( uとvに各選択肢をインプットしたときのアウトプットの和u vの最大値)
 Q=(vに各選択肢をインプットしたときのアウトプットの最大値)このように評価値Uは、影の関数u( )とv( )とで計算されるわけだが、このv( )は「誘惑が負担を強いるコスト」を表しており、u( )は「コミットメントの効用」を意味している。
最新老後情報は・・・老後ランキング

このことをすんなりわかってもらうため、今回は前回とは異なる例として、「環境保全」に関わる例を持ち出してみたい。今、自分の選択できる消費は「慎ましやかな消費」(以下、「慎」と略す)と「環境を破壊するかもしれない過剰消費」(以下、「過」と略す)であるとする。そこで、選択肢として両方の可能性を残しておくメニュ A={慎,過} を考えよう。このとき、自分に「環境保全」に対する合意(選好)があるとすれば、最終的に選択されるのは「慎」であるが、そのときの効用は、メニュAに対して上の(数値P)−(数値Q)を計算することで、
U(A)=u(慎) v(慎)−v(過)
となる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


■福祉・介護用品・送込■★アルミエコノミー介助車(背折れタイプ)


◆老後関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆老後関連の無料のレポート情報
消えた年金を取返せ!社会保険庁からあなたの年金を確実に取返す方法

あなたの年金は大丈夫ですか?

消えた年金問題が騒がれていますが、消えたのではなく、

“消された年金”

といっても過言ではありません。

こんないい加減なことを許すことはできませんよね。

と言いながら、皆さん自分は…



スポンサーサイト

2007年07月11日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。