年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

福田氏、「拉致問題は私の手で」 自民党総裁選

デュバル・ルロワ・フルール・ド・シャンパーニュ・ブリュット・ベルチュ Duval-Leroy Brut Cha...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000925-san-pol
 自民党総裁選に立候補した福田康夫元官房長官(71)と麻生太郎幹事長(66)は17日、大阪、高松両市で街頭演説を行った。福田氏は北朝鮮による拉致問題について、「拉致被害者を捨ててはおけない。私の手で問題を解決したい」と述べ、対話路線による問題解決に強い意欲を示した。一方、麻生氏は「圧力なくして対話が成り立ったことは一度もない」として、安倍晋三首相の「対話と圧力」路線を維持する考えを重ねて示した。
 福田氏は同日午前、大阪・難波の街頭演説で、「5年前の今日、小泉純一郎前首相が訪朝した。その結果、拉致された方が帰ってきたが、残念ながらその後、進展がない。
最新年金情報は・・・年金ランキング

北朝鮮に残っている方がいると聞くと捨ててはおけない」と強調。その上で「北朝鮮が核とミサイルを放棄すれば、国交正常化ができ、この地域が初めて平和で安全になる。日本海を中心とした地域が次の発展を迎える段階がいよいよくる。私は一日千秋の思いで待っている」と述べた。
 福田氏は出馬表明後、現政権の「対話と圧力」の方針を維持する考えを示しながらも、「弾力的に話し合いになるように持っていくことが大事だ」(15日、民放番組)、「国際情勢の変化に合わせるのは当然だ。手法を変えることはあり得る」(16日、民放番組)などと述べ、「圧力」よりも「対話」を重視する姿勢を打ち出しており、今回の演説はさらに一歩踏み込んだといえる。
 一方、麻生氏は「圧力なくして対話が成り立ったことはない...

ニュースの続きを読む


美空ひばりラスト・オン・ステージ「さよならの向うに」 歌は我が命1989 in小倉


◆年金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆年金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年09月18日 年金生活 トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。