年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【保田隆明の時事日想】儲けていただいて大いに結構――投資ファンドはどれぐらい悪いのか?

国民年金法総覧(平成19年4月版)
 ここ数年で、国際間の投資マネーの動きが非常に活発になった。日本企業はその影響をモロに受けており、東証の売買に占める外国人投資家の割合は6割を超え、日本企業の株主割合においても3割程度を占めるに至っている。

 ファンドにもいろいろあるが、投資ファンド、買収ファンドというものに対して日本企業はアレルギーが強いようである。「ハゲタカ」「短期で売り抜ける」「えげつない儲け方をする」など、一部の投資ファンドの横行ぶりが、ファンド全体に対する印象を代表するようになってしまっている。

一般市民は間接的にファンドに年金資産の運用を委託している 投資ファンド、買収ファンドとはいったいどれぐらいの悪者なのだろうか、考えてみよう。
最新年金情報は・・・年金ランキング



 先日、日本でも有数の投資ファンドに勤務経験のある方と話をする機会があった。その方はもともと金融業界出身者ではなかったので、投資ファンドと聞くとなんだかいかがわしいものという印象を持っていた。にもかかわらず、投資ファンドで勤務することを決意した理由は、投資ファンドが運用していたお金に年金が多く含まれていたことだったそうである。

 そのファンドの責任者は「我々ファンドのリターンがよければ、運用を委託してくれた年金が増えることになる。ファンドの業績の良し悪しは、一般市民が受け取る年金に大きな影響を与えている。従って、ファンドの業務は他に誇れる仕事である」と話したという。これによって、彼はファンドに対するわだかまりのようなものが消え、そのファンドで働くようになったのだそうだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


社労士過去問マスター□(□98年版)


◆年金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆年金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年09月28日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。