年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

[高齢者医療費]負担増凍結…「補正」軸に予算措置

HAVE MERCY! ※再発売【TOBF-91004】=>10%OFF!HAVE MERCY! ※再発売
 政府・与党は26日、与党の連立政権合意書に明記した「高齢者医療費の負担増凍結」を担保するため、07年度補正を軸に予算措置をする調整に入った。来年4月から70~74歳の医療費窓口負担割合(現行1割)を2割に引き上げることで増える自己負担分や、75歳以上から新たに徴収する保険料などを国庫で補てんする。舛添要一厚生労働相は27日に額賀福志郎財務相、自民党の谷垣禎一政調会長と会談し、今後政府・与党協議会で具体化することを求める。補正規模は、社会保障関係だけで最大1600億円超に上る見通しだ。 06年に成立した医療制度改革関連法は、一般所得(夫婦世帯で年収520万円未満)以下の70~74歳の人の窓口負担割合を、08年4月から2割にアップするほか、これまで保険料を払う必要がなかった子供らの扶養を受ける75歳以上の人(約200万人)についても、年金から保険料を天引きすることを盛り込んでいる。
最新年金情報は・・・年金ランキング

しかし、参院選での与党惨敗を受け、福田康夫首相は見直しを表明していた。 見直しの具体案は、窓口負担が倍増する70~74歳の人(約500万人)の負担増分など1200億~1300億円に加え、新たに保険料を徴収される人が初年度に払う400億円のうち、半年~9カ月分(200億~300億円)を政府が肩代わりする。制度の枠組みは変えず、一時的に負担を軽減する苦肉の策だ。 与党は母子家庭の児童扶養手当削減も凍結する意向で、補正規模は1500億~1600億円超に膨らむという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


A5家計簿(あおむし)/はらぺこあおむし


◆年金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆年金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年09月29日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。