年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<福田首相>渡辺行革相に注意「民主党の意見にも謙虚に…」

■ ロビンフッドディズニー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000138-mai-pol
 福田康夫首相は12日、国会内で渡辺喜美行革担当相に「民主党の意見にも謙虚に耳を傾けるのが内閣の方針だ」と述べ、公務員制度改革をめぐって熱くなりがちな国会答弁をやんわりと注意した。安倍内閣では対民主党、対官僚の双方で「突破力」を期待された渡辺氏だが、できるだけあつれきを避けたい首相との温度差がここにきて目立っている。
 発端は9日の衆院予算委員会。国家公務員の再就職あっせんを一元化する人材バンク構想について、民主党の長妻昭氏から「税金を使ったスペシャル版天下りバンクだ」と追及された渡辺氏は「役人は死ぬまで役人をやらないといけないのか」と激高。
最新税金情報は・・・税金ランキング

首相は「閣議決定を直すこともある」と引き取ったが、この首相答弁が逆に官僚寄りの軌道修正を示唆したものと受け止められている。
 首相は12日の閣議後に渡辺氏を引き留め、約7分間話し合った。その後、記者会見に臨んだ渡辺氏は「私の答弁ぶりが民主党を挑発しているように聞こえたのかもしれない。不徳のいたすところだ」と苦笑まじりに述べ、首相の「説諭」をほのめかした。ただ、首相の「閣議決定見直し」発言については、「方針転換を示唆したとは理解していない。いつのご発言ですか」と強気の姿勢ものぞかせた。
 一方、首相は同日夕、記者団から「どんな点を注意したのか」と問われ「注意なんか全然してませんよ。いいじゃないですか、元気よくやっててね」とはぐらかした。【三沢耕平】

A5家計簿(あおむし)/はらぺこあおむし


◆税金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆税金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年10月13日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。