年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<低所得者年金>与党内に「上乗せ案」…財源に課題

未購入者限定! コミコミ企画  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000001-mai-pol
 低所得者の基礎年金を税金で補てんし、約25%上乗せする案が政府・与党内にくすぶっている。公明党が独自の年金改革案を次期衆院選のマニフェストに盛り込むことを狙い、厚生労働省に試算させたことがきっかけ。5000億~9000億円の新規財源が必要なことなどから、自民党は現時点では慎重だが、基礎年金部分を税でまかなう民主党案(税方式)への対案として浮上する可能性を残している。

 公明党内には満額月6万6000円の基礎年金の充実を求める声が強い。ただ、「保険料免除者への満額給付」など政府が応じられない要望が多いため、坂口力元厚労相が先月、厚労省に低所得者の救済を可能にする現実的な案の作成を打診した。
最新税金情報は・・・税金ランキング



 同省が回答したのは、年収160万円未満の単身者(その他の世帯は200万円未満)への給付額を、今より税で1万7000円(約25%)上乗せし、8万3000円とする案だった。同省幹部は「公的年金の自律自助の理念をギリギリ守ることができる案」と言う。

 実現には、上乗せ対象者への国庫負担割合を60%に引き上げる必要がある。基礎年金全体の国庫負担割合を50%に増やす既定方針の財源(約2.5兆円)も確保できていない段階では、「架空の話」(公明党幹部)なのが現状。自民党厚生族幹部も「国庫負担が50%を超すのでは自律自助に反する」と慎重だ。

 それでも政府・与党内には「公明党案が日の目をみる」という観測が根強くあり、舛添要一厚労相も12日に実現の可能性を探る国会答弁を行った...

ニュースの続きを読む


CASIO パーソナル電卓 8桁表示 手帳タイプ  SL-300A-N SL300AN


◆税金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆税金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年10月16日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。