年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

出前講座減量化訴え ごみ処理限界で対策本腰 角田市

図解NPO法人のつくり方・運営のしかた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000018-khk-l04
 宮城県角田市は、職員が地区の集会所などに出向き市民にごみ処理の現状を学んでもらう出前講座を始めた。人口が減り続ける同市だが、2003年度からは家庭ごみの量が年々増加。市は「緊急事態」と受け止め、ごみ減量化のため、ごみ処理に多額の税金が使われる実態や、分別の必要性などを市民に訴える。

 昨年度に市内から出た一般廃棄物は過去最高の1万367トン。1人当たり300キロ強になる計算で、処理費用は約4億円に上った。市財政の重荷になるのはもちろん、今後、焼却施設の処理能力を超えたりする心配もあるため、減量作戦に本腰を入れることにした。
最新税金情報は・・・税金ランキング



 第一回の講座は12日夜、阿武隈急行角田駅近くの寺前コミュニティーセンターであり、寺前行政区の住民約40人が出席。市生活環境課の担当者は「普通なら人口が減ればごみも減るはずで、不思議な状況」と指摘。理由として(1)景気回復による消費の活発化(2)分別意識の低下(3)「ごみの野焼き禁止」の影響―などを挙げた。

 ごみの有料化については「調査研究段階」としながらも、「まじめに分別した人と、そうでない人の負担が同じではおかしい、という視点もある」と述べた。参加者は「計算上、4人家族ではごみ処理の負担が年4万8000円になる」などという説明に熱心に聞き入っていた。同課は「要請があれば92あるすべての行政区で出前講座を実施したい」と話している。


☆ 会計上々 Standard JJ1372


◆税金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆税金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年10月16日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。