年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【ベトナム・インドシナ】交通インフラ整備が遅延、ホーチミン市

◆スキミング犯罪からカード情報を守る強い味方!ポーチごと移動でバッグの入れ替え簡単♪スキ...
 悪化の一途をたどっている渋滞の緩和に向けて急務となっているホーチミン市の各種交通インフラ整備が、厚い壁に直面している。計画の不備、予定通りにいかない巨額の建設資金調達、投資回収率の悪さなど問題が噴出しているためだ。14日付ベトナムネットが報じた。

 ホーチミン市で既に着手済みの交通インフラ整備プロジェクトのうち、大きく遅延した代表例が、サイゴン川をまたいで市内2区と7区を結ぶフーミー橋(全長1,953メートル)の建設だ。BOT(建設・運営・譲渡)方式で計画されたこの斜長橋は、当初の予算は1兆6,000億ドン(1億米ドル)だった。だが後に、施行主体のフーミーBOT社が、関連施設の建設費用、税金、借入金の利息を計画段階で工費に盛り込んでいなかったという見積もり上の不備が発覚。
最新税金情報は・・・税金ランキング

さらに建材値上がりなどが影響し、総工費は2兆ドンに膨らんだ。
 
 プロジェクト着手後も、土地収用や資金調達が難航。さらに2005年9月に設計の詳細が決まらない段階で起工式を強行した結果、すぐに工事が長期中断し、一時は事業破綻寸前に追い込まれた経緯がある。今年3月にようやく工事再開にこぎ着けたが、完成予定は09年末と、当初計画から約1年ずれ込んだ。
 
 ■「当初予算の5.6倍」事例も
 
 フーミー橋以前には、交通運輸省系の第5交通土木建設総公社(シエンコ5)が、同じくサイゴン川をまたぎビンタイン区とトゥードゥック区を結ぶ第2ビンチエウ橋とビンズオン省への接続道路の拡幅を請け負ったものの、同じく資金難に直面し、橋を完成させたただけで事業を放棄した例がある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


<ワーナーTVシリーズ スペシャル・プライス キャンペーン 2007年 OCTOBER>[DVDソフト] ER 緊...


◆税金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆税金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年10月17日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。