年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

後期高齢者医療制度:保険料、平均6万8077円--来年4月施行 /三重

かわいいピンクの電卓!機能もばっちり!!【SA1101】【オープン】【1円スタート】【COM-SHOT】...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000064-mailo-l24
 ◇40都道府県平均より1万800円低く
 来年4月にスタートする75歳以上の後期高齢者を対象にした新しい医療保険制度で、県内の加入者1人当たりの保険料(年額)が平均6万8077円に決まった。毎日新聞が21日までの調べでまとめた40都道府県の中間集計平均より1万800円余り低い。
 この医療保険制度では、財源の約5割を公費(税金)で賄い、若い世代の負担を約4割、高齢者自身を約1割とする。これまでサラリーマンの子どもなどの被扶養者として保険料負担の必要がなかった高齢者も保険料を納付しなければならなくなる。高齢者の保険料は都道府県ごとの広域連合で、一律に負担する「均等割」と、前年の所得に応じた「所得割」の合計で決定する。
最新税金情報は・・・税金ランキング


 県後期高齢者医療広域連合によると、県内の被保険者は21万5899人(08年度見込み)。同連合の決定によると、均等割額は3万6758円で、所得割を合わせた平均保険料は6万8077円(月額換算で5674円)となる。所得が少ない1人世帯の基礎年金(年79万円)受給者の保険料は、均等割額が7割軽減され、所得割負担もないため年1万1027円、厚生年金の平均的な年金額(年208万円)受給者は均等割、所得割とも軽減がないため年7万4103円となる。
 ただ、これまで被扶養者として保険料を支払う必要のなかった高齢者に対し、激変緩和措置として08、09年度の2年間は均等割額が5割軽減されるため、平均保険料は5万5882円(月額4657円)となる...

ニュースの続きを読む


【3900円税・送料込み】シルクコットンの優しい肌触り可愛いキャミ♪シルクコットン 3枚セット...


◆税金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆税金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年11月28日 年金生活 トラックバック:0 コメント:1

このコメントは管理者の承認待ちです

2007年11月30日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。