年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【山崎元コラム】消費税増税で年金を“質に取る”な!

【雑貨屋エルム】◆999円◆Casio◆USB◆テンキー電卓 ◆SZ-12BU

 20日に、政府税制調査会が2008年度税制改正に向けた答申をまとめた。今回の答申では、社会保障の財源確保のために消費税率引き上げが必要だという内容だ。「日本経済新聞」は「消費税、社会保障財源に」という見出しで21日朝刊の一面トップに報じている。政府税調が消費税増税に触れたのは、実に3年ぶりだという。

 福田内閣スタート直後から、消費税引き上げを目論む動きはあった。今回の答申は、2009年度の基礎年金の国庫負担割合を3分の1から2分の1に引き上げるに際して、消費税率を引き上げてこの財源としたいという財務省の大方針に沿ったものなのだろう。ただし、今回は、時期と税率には触れていない。具体的な数字やスケジュールを挙げると議論がヒートアップしてしまう可能性があるためだろう。
最新税金情報は・・・税金ランキング



 ところで、税制調査会は審議会の一つだが、審議会というものは事務局に相当コントロールされてしまう。審議会を有識者を集めた客観的な議論の場であると位置づけるためには、事務局から利害関係者を外すべきだ。具体的に言うと、官庁を事務局にしてはいけない。審議委員として召集される人は、審議の前に事務局から「ご説明」を受け、その段階でおおかたの実質的な根回しが済んでしまう。審議委員のメンバーも、たとえば税の問題であれば財務省の意向が強く反映された人選になる。各種の審議会を客観中立的で国民の利益をバランスよく代表した専門家の意見であるとは誰も見ていないだろうが、シンクタンクと大学が持ち回りで事務局を行なうなどの抜本的な改革が、今後は必要だと思う...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


誰でもできる!ゴク楽宅建(2008年度版)


◆税金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆税金関連の無料のレポート情報
社会人マネーの常識 №1

サラリーマンの皆様!

あなたの給与はいくらですか?

「実は、あなたの知っている給与よりも本当は17%多く支給されていますよ」と言われたら?


信じられないけど事実です。

そんな給与のカラクリを、現役経理担当者が解明…

今からでも間に合う『ネットビジネスのための節税対策』

あなた、今年、インターネットで稼ぎましたよね。

「いや~、それほどでもないんですけどね」


照れている場合ではありません。
稼いでいる、稼いでいないの金額は、あなたの基準にお任せしますが、
もし、あなたがサラリーマンで給料…



スポンサーサイト

2007年11月29日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。