年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

第4回 資産運用に損切りは必要か?

【3900円税・送料込み】シルクコットンの優しい肌触りメール便発送可愛いキャミ♪シルクコット...
(これまでの 藤田郁雄の「サバイバル・インベストメント」はこちら。)先日、日経平均株価は1年4ヶ月ぶりに1万5千円を割り込みました。同様に世界各国の株価も急落していますので、投資ブームで相場に参加した個人投資家の多くは損失を抱えていると思います。
私のポートフォリオも、10月末に88万円( 17.39%)あった利益が45万円( 9.01%)まで落ち込んでしまいました。このような局面では「損切り」(損失の出ている証券の決済)という合理性に欠く投資行動をとってしまいがちです。株価チャートが下がり続けると、どうしても「今後も下がり続けるだろう」と根拠の無い予測を立ててしまうのですが、本当にいま「損切り」するべきなのでしょうか?(あなたが投資を始めた頃と比べて、何か世界経済が大きく変わってしまったのでしょうか?)もちろん、運良く株価が下がり続けて「損切り」が成功することもあります。
最新税金情報は・・・税金ランキング

しかし感覚による投資行動は単なる丁半博打であって、長期的な目標を達成することはできないのです。
■ 「何もしない」ことに価値がある
資産運用を始めたばかりの頃は、何かにつけ投資行動を起こしたくなります。例えば「サブプライム問題で先行き不透明だからいちど現金に戻そう」などと、何か行動した方が損失を抑えられて儲かるような気がしてしまう。しかし、売買を繰り返すことで本当に利益は上がっているのでしょうか?
パフォーマンスの悪化している有価証券を売って良質な有価証券を買う(入れ替える)ことで、巨額の利益を貪っているイメージのある外資運用会社の売買頻度ごとの利益率を見てみましょう...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


デュジャック フィス・エ・ペール 2005年 6本セット【送料込】(●CM 1本●GC 1本●MSD 1本●VR...


◆税金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆税金関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年11月30日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。