年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

今週の外為市場は米CPIに注目、日銀会合で利上げ時期見極め

年金問題要点を教えて!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000656-reu-bus_all
 [東京 11日 ロイター] 今週の外為市場は、株価や金利をにらみながらの取引となり、方向感のない相場展開になりそうだ。米長期金利が一段と上昇すればドル強含みが予想され、逆に、株安進行で円キャリー取引の巻き戻し感が強まれば、ドル売りの展開になるとみられている。
 相次いで発表される5月米消費者物価指数(CPI)や5月米小売売上高などの主要な経済指標も大きな材料。一方、日銀の金融政策決定会合では、金利据え置きが確実視されているが、会合終了後の福井俊彦総裁による記者会見で、参院選前の利上げに向けた姿勢が示されるか注目される。
 <米株式市場と金利動向を注視>
 8日の米国市場では、長期金利が5年ぶり水準となる一時5.25%へ上昇。
最新年金問題情報は・・・年金問題ランキング

今週も一段の上昇が見込まれている。一方、高水準の長期金利を嫌って下落していた米株価は反発に転じたが、市場では世界的な株安が進めば、円キャリー取引の巻き戻し観測から円買い戻しが連想されるとの声が出ている。
 ある邦銀関係者は、今後のドル/円相場について、米国の株式市場と金利動向の両にらみの展開になるとみる。そのうえで「米景気回復に伴う金利上昇は、金利差拡大の思惑からドル買いにつながりやすい」と指摘。その一方で「米国株式市場の下落は、リスク回避の観点から、円キャリートレード巻き戻し観測などを通じて円買いにつながりやすい」との見方を示す。
 <米経済指標で経済の力強さを見極め>
 米労働省が前月発表した4月CPIは、エネルギーおよび食品価格が引き続き上昇し、前月比プラス0.4%となった...

ニュースの続きを読む


DCプランナー2級合格必携問題集(2006年版)


◆年金問題関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆年金問題関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年06月13日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。