年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国残留孤児訴訟 敗訴の原告ら怒り 「これからどうなる」

GETPLUS ( ゲットプラス ) 楽天店新撰ファミリーシリーズ「お金を殖やす実践ファイナンス公的保...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000031-san-soci
 高齢化が進む中国残留孤児に、厳しい判決が相次いだ。札幌地裁と高知地裁で、15日行われた中国残留孤児訴訟の判決で両地裁は、いずれも国の賠償責任を認めず、原告側の請求を棄却した。「わたしたちはこれからどうなるのか」「国の支援策も期待できない」…。中国では日本人として差別され、日本では中国人として差別されてきた原告たち。法廷を出た孤児らに不安と怒りが交錯した。

 「私の存在は何なのか」。高知地裁の法廷で、原告の一人、高橋公子さん(70)=高知市北竹島町=は宙を見つめ、ぼうぜんとした表情で裁判長の言葉を聞いた。

 7歳の時に両親に連れられ旧満州へ渡った。
最新年金情報は・・・年金ランキング

1年後に敗戦を迎え、逃避行の途中で父親を亡くし、中国人の養父に引き取られた。だが養父は働かず、高橋さんを仕事に出し、家ではたびたび暴力を振るった。

 養父の家を出て、19歳から集団農場で働き自立。広大な土地を手作業で耕すうち、股(こ)関節は変形していた。「日本に帰りたい」との思いがかなったのは昭和55年6月。43歳だった。

 しかし、現実は厳しかった。生活保護を受けて病気を治そうとしていたときに、役場の担当者から「仕事ができないなら中国へ帰ってもらっても構いません」と言われた。

 高橋さんは「日本語で言い返せず、死のうかと思った。日本でも邪魔者扱いされ続けてきた。人間らしく生きたいという思いを分かってほしい」と話した。

 一方、札幌地裁判決を聞いた札幌市の木口屋菊雄さん(68)と桂子さん(63)夫婦は「国の支援策も期待できない...

ニュースの続きを読む


【◇】エコロジー健康保険証 年金手帳入 NO2000


◆年金関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆年金関連の無料のレポート情報
髪のことなら、髪友通信!

髪のことなら髪友通信!
http://www.bs-himawari.x0.com/kamitomo/

*********************************************************



スポンサーサイト

2007年06月15日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。