年金 年金保険 年金生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大和都市管財 勝訴判決 「国の怠慢認めてくれた」 原告ら歓声、笑顔で握手

 心の本棚 心にしみいる名俳句250選 / 小野洋子/山形かおり/原康義(朗読)
 「金融行政のずさんさがようやく認められた」。6日午前、大阪地裁で判決があった大和都市管財グループによる巨額詐欺事件の国賠訴訟。国に賠償を命じる判決が言い渡されると、傍聴席の原告らは「勝った」と叫び、涙ながらに固い握手を交わした。しかし、同社の財産処分などによる被害回復は総額の9%程度で、救済は進んでいない。「国はきちんと謝罪すべきだ」。判決後、被害者は改めて怒りの声を上げた。

 午前10時、西川知一郎裁判長が判決を言い渡した瞬間、廷内では原告側の喜びの声が漏れた。笑顔で傍聴席に向けて親指を立てて見せた原告の姿も。大阪地裁南門に、弁護団の一人が「勝訴」と書かれた垂れ幕を手に飛び出してくると、被害者は「おおー」という歓声をあげ、拍手が起こった。
最新老後情報は・・・老後ランキング



 同社の抵当証券に2000万円をつぎ込んだという大阪市城東区の自営業の男性(71)は、大和都市管財が破綻(はたん)した平成13年4月16日朝のことが忘れられない。

 朝起きると、「大和都市管財の破綻認定」を伝える新聞を家族に見せられた。「文字を目で追うことに精いっぱい。一瞬、頭が真っ白になった」。コツコツと貯(た)めてきた老後の蓄えが一瞬にして吹き飛んだ。

 「わたしどものように安心確実な業者しか大蔵省の認可は下りません」。抵当証券の購入を勧める営業社員は「国のお墨付き」を強調し、購入を勧めた。「病院建設や医療機器の購入に融資している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


インディペンデントレーベル グレイスキューブ/grace!grace!grace!


◆老後関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆老後関連の無料のレポート情報
髪のことなら、髪友通信!

髪のことなら髪友通信!
http://www.bs-himawari.x0.com/kamitomo/

*********************************************************



スポンサーサイト

2007年06月15日 年金生活 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。